美術家・美学者母(mama)の言論空間

mama

mama、母、美学者 母。
バカ田大学 バカボン哲学博士 ・ 社会学部哲学科卒業。

現代アート・現代美術、美学者母の活動業績(ポートフォリオ)

美学者母メールマガジン登録はこちら←


現代美術作家として自らの作品制作を行うかたわら、アートディレクターとしても活発な活動を展開している。尊敬している芸術家はマルセル・デュシャン、村上隆、ピカソやウォーホール。 美学者母は作品制作とともに自身の作品を分析し文章化しインターネットで公開するスタイルを持っている。またアート界に止まらず時事問題や世界情勢など人間の抱える様々な問題を分析し、主にFacebook等で持論を展開している。しかし、過激な発言も多くユーザーからの批判も多いためブログやSNSで炎上することもしばしばである。これについては「20代の頃は個展をするなどをして自身を知ってもらおうとしていたが、アナログな方法では周知に限界があると感じた。誰もが使用できる平等性といったインターネットの特性に着目し、インターネットを使うことで自身を広め、より多くの繋がりを持とうとするようになった経緯がある。インターネットで自己を展開をするにあたりブログやSNSでエッジの効いた文章を書くのはキャラ作りの1つでもあるが、それはインターネットという社会が存在し、実社会ではないその社会(インターネット)上で個人が1人の人格を形成するがごとく存在していることに起因したものである。また、同時期(2010年頃)にアートにおけるインターネットの可能性を感じた。」と語っている。この頃より、インターネットを使った作品制作に力を入れ、数多く発表している。


美学者母の言論空間第一次元はこちら←
美学者母の言論空間第二次元はこちら←

No.0300 

No.0298 

No.0296

No.0294 

No.0292 

No.0290 

No.0288 

No.0286 

No.0284 

No.0282 

No.0280 

No.0278 

No.0276 

No.0274 

No.0272 

No.0270 

No.0268 

No.0266 

No.0264 

No.0262 

No.0260 

No.0258 

No.0256 

No.0254 

No.0252 

No.0250 

No.0248 

No.0246 

No.0244 

No.0242 

No.0240 

No.0238 

No.0236 

No.0234 

No.0232 

No.0230 

No.0228 

No.0226 

No.0224 

No.0222 

No.0220 

No.0218 

No.0216 

No.0214 価値のインターネット化

No.0212 VALUの登場と価値起点の変革

No.0210 大山エンリコイサムの虚言

No.0208 少し自由になれたあの真夜中

No.0206 

No.0204 KOHHに送る

No.0202 産業から余業への経済革命

 

 

 

 

 

 

 

 




No.0299 

No.0297 

No.0295 

No.0293 

No.0291 

No.0289 

No.0287 

No.0285 

No.0283 

No.0281 

No.0279 

No.0277 

No.0275 

No.0273 

No.0271 

No.0269 

No.0267 

No.0265 

No.0263 

No.0261 

No.0259 

No.0257 

No.0255 

No.0253 

No.0251 

No.0249 

No.0247 

No.0245 

No.0243 

No.0241 

No.0239 

No.0237 

No.0235 

No.0233 

No.0231 

No.0229 

No.0227 

No.0225 

No.0223 

No.0221 

No.0219 

No.0217 

No.0215 アート系民宿狭山美学校の価値

No.0213 価値と無価値と付加価値のお話

No.0211 写実絵画の活況とポスト真実

No.0209 アートとデッサンの無関係さ

No.0207 スモールビジネスをグローバルに

No.0205 人生のコストパフォーマンス

No.0203 物理的ボーダーの価値崩壊が起こる

No.0201 学問とはなんなのかという話

 

美学者母の言論空間第一次元はこちら←
美学者母の言論空間第二次元はこちら←