ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
No.226

芸術家の私がビットコイン取引空売り
一日だけで元本10万を60万円にして思った事
(価値研究報告7)

text : mama(美学者母)
2017年12月26日(火曜日
)執筆

 

さて皆様どうお過ごしでしょうか?
この価値研究報告ではビットコインは終わった、
その様に報告しています。
しかしビットコインは終わりたくても終われない、
その様に最近考えています。

それはそもそも、
このブロックチェーン自体が、
半永久的に続くシステムだからです。
しかし今後ビットコインが、
本質的価値を持つことは無いでしょう。

その辺を踏まえて改めて価値研究報告7を続けていきます。

現在のビットコイン価格は170万円です。
最高値をつけてから下落しています。

私は取引は控えていたのですが、
下落を狙って空売りしまして、
少しだけ儲けさせていただきましたwww

ビットコインの現状を色々な方が分析しています。
バブルだとか、バブルでないとか、 色々と。。。
正直価格の暴騰暴落については、
本質的価値とは別次元で動いています、
相場とはそんなものですね。

 

その辺で前々から書きたかったことが、
「審美眼」のお話です。
相場というものはチャートというもので表現されます。
そしてこのチャートを分析する方法が、
テクニカル分析と呼びます。
その他の分析方法に、
市場全体の動向や様々な状況を分析する、
ファンダメンタル分析などがあります。

トレーダーというのは、
こう言ったもので分析しトレードするわけですが、
この様な分析は、
芸術分析などと同じ原理になっています。

つまり相場のチャートも造形であるということです。

この様な事から何が言いたいのかと言いますと、
私はビットコイントレードを、
芸術分析の延長線上で行なっているという事です。

つまり私は、
「審美眼」というものが、
特に芸術だけの問題ではなく、
こう言ったトレードにも利用でき、
それ以上に人間が生きていく全てに利用できる。
その様な立証実験を同時に行なっています。

何事においても原理や真理を見抜く事が重要です。
原理や真理を見抜いた上で、
それぞれの差異が見えてきます。 こ
の差異が見えるのか見えないのか、
それは極端な違いを生み出します。
それが芸術でも相場でも、
「観える人と観えない人の違い」なのです。

 

ここからビットコインの話へ戻します。
ビットコインは本質的価値を失って、
現在は完全にマネーゲームになっています。
ただ単なる投機対象です。

ビットコインに関して、
投機と考えずに参入するのは非常に危険です。
特に現在は、
ビットコインの初期プレイヤーや関係者、
海外の投資家は最高値付近で売り抜けています。
そして最高値付近で買っているのが日本人です。
私の現在のビットコインの認識は、
投機対象にしか考えていませんので、
ボラリティで儲ける事しか考えていません。

それは、
無価値なのに数百万円の価格がついており、
ボラリティが高く、
また認識のズレが大きく儲けやすいからです。
まぁこの辺はドラスティックですwww

ちなみに、
2018年の年明けは非常に危険ですので、
もしビットコインを所持されている方は、
くれぐれも気をつけてください。

それではまた次回お楽しみに!!!

 

 

美学者母

 

美学者母のスポンサー、サポーターになるにはこちら↓
クラウドファンディングでスポンサー、サポーターになろう↓

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で