美術家・美学者母(mama)の言論空間

mama

mama、母、美学者 母。
バカ田大学 バカボン哲学博士 ・ 社会学部哲学科卒業。

現代アート・現代美術、美学者母の活動業績(ポートフォリオ)

美学者母メールマガジン登録はこちら←


現代美術作家として自らの作品制作を行うかたわら、アートディレクターとしても活発な活動を展開している。尊敬している芸術家はマルセル・デュシャン、村上隆、ピカソやウォーホール。 美学者母は作品制作とともに自身の作品を分析し文章化しインターネットで公開するスタイルを持っている。またアート界に止まらず時事問題や世界情勢など人間の抱える様々な問題を分析し、主にFacebook等で持論を展開している。しかし、過激な発言も多くユーザーからの批判も多いためブログやSNSで炎上することもしばしばである。これについては「20代の頃は個展をするなどをして自身を知ってもらおうとしていたが、アナログな方法では周知に限界があると感じた。誰もが使用できる平等性といったインターネットの特性に着目し、インターネットを使うことで自身を広め、より多くの繋がりを持とうとするようになった経緯がある。インターネットで自己を展開をするにあたりブログやSNSでエッジの効いた文章を書くのはキャラ作りの1つでもあるが、それはインターネットという社会が存在し、実社会ではないその社会(インターネット)上で個人が1人の人格を形成するがごとく存在していることに起因したものである。また、同時期(2010年頃)にアートにおけるインターネットの可能性を感じた。」と語っている。この頃より、インターネットを使った作品制作に力を入れ、数多く発表している。


美学者母の言論空間第一次元はこちら←
美学者母の言論空間第二次元はこちら←
美学者母の言論空間第三次元はこちら←
美学者母の言論空間第四次元はこちら←



No.0500 

No.0498 

No.0496 

No.0494 

No.0492 

No.0490 

No.0488 

No.0486 

No.0484 

No.0482 

No.0480 

No.0478 

No.0476 

No.0474 

No.0472 

No.0470 

No.0468 

No.0466 

No.0464 

No.0462 

No.0460 

No.0458 

No.0456 

No.0454 

No.0452 

No.0450 

No.0448 

No.0446 

No.0444 

No.0442 

No.0440 

No.0438 

No.0436 

No.0434 

No.0432 

No.0430 

No.0428 

No.0426 

No.0424 

No.0422 

No.0420 

No.0418 

No.0416 

No.0414 

No.0412 

No.0410 

No.0408 

No.0406 

No.0404 

No.0402 

 

 

 

 

 

 

 

 





No.0499 

No.0497 

No.0495 

No.0493 

No.0491 

No.0489 

No.0487 

No.0485 

No.0483 

No.0481 

No.0479 

No.0477 

No.0475 

No.0473 

No.0471 

No.0469 

No.0467 

No.0465 

No.0463 

No.0461 

No.0459 

No.0457 

No.0455 

No.0453 

No.0451 

No.0449 

No.0447 

No.0445 

No.0443 

No.0441 

No.0439 

No.0437 

No.0435 

No.0433 

No.0431 

No.0429 

No.0427 

No.0425 

No.0423 

No.0421 

No.0419 

No.0417 

No.0415 

No.0413 

No.0411 

No.0409 

No.0407 

No.0405 

No.0403 

No.0401 デジタルアウラ

 

美学者母の言論空間第一次元はこちら←
美学者母の言論空間第二次元はこちら←
美学者母の言論空間第三次元はこちら←
美学者母の言論空間第四次元はこちら←