No.324

心理カウンセリング(心屋仁之助)とか
自己啓発とか、各種セミナーでの
トートロジーの悪用と洗脳の関係について
(P またはPではない)

text : mama(美学者母)
2019年5月21日(火曜日
)執筆

 

 

最近YouTubeを観ていて、
たまたまある動画が目についた。

心屋仁之助という方の動画で、
「一問一答」という「公開カウンセリング」??
私の知ってる方で、
この心屋に心酔されている方がおられるので、
その名前は知っていたのだが、
一度位話を聞いてみるのも面白いなと、
動画を我慢してみてみたのですが、
感想はまぁこういうのに皆んな、
ハマッてしまうのよねぇ〜って感じwww

 

まず心屋に限らず、
例えば投資のセミナーでも、
自己啓発のセミナーでも、
だいたい同じ構造になってるわけです。

それが「トートロジー」で、
例えば、

「Pまたは(Pではない)」

この文はいわゆる、 「
トートロジー」になっている文なんです。
それはどういう事かというと、
Pが真であるとすると、
Pではないという偽、
それを両方含んでいる文である、
それは真偽を両方含んでいる、
それは「論理学」では、
ナンセンスであり、
論理では無いとなるわけです。

何故ならば、
その文は全てを言ってしまって、
真か偽を言えていない、
論理において、
真である事(有意味)、
偽である事(有意味)、
真偽全てである事(無意味)、
つまりトートロジーは、
ナンセンスであり無意味であるのです。

この様なトートロジーを使った、
無意味な論法はあらゆる所で使われており、
政治家の答弁、占い師の占いなど、
無意味な論法に納得している人々が多数います。

例えば総理大臣の安倍晋三、
占術家の細木数子、
霊能者の宜保愛子、
などはトートロジーを多用しています。

 

例えば皆さんは反論のできない論理、
というものをどう考えるでしょうか?
論理的に完璧で、
論理を壊すことができない論理です。

それは「凄い!!!」となるでしょうか?

 

しかし、
そもそもそれは「論理」としておかしいのです。
例えば科学ではそれを「反証可能性」と言いますが、
論理とは常に反論される余地がある、
それこそが論理であり、
論理に反論する余地がないものは、
そもそも「論理」ではないのです。

つまり「トートロジー」とは、
真偽を両方含んでいるために、
「反論」する余地がないもの、
ということなのです。

私たちは、
この様な「トートロジー」に、
ある種「神秘性」を抱きます。

言語に隠されたトートロジーが、
それを発言した人間に、
ある種の「全知全能」を投影してしまうのです。

その意味でトートロジーは、
人間を惑わす、
さらに洗脳する方法論として、
非常に有効であり、
逆説的に非常に危険であると言えます。

実例として、
例えば占術家の細木数子が多用していた言葉、
「あなた地獄へ落ちるわよ!!!でも助かります!!!」
これは完全に「真偽」を含んだ、
トートロジーになっているわけです。

「地獄へ落ちる」という真と、
助かるという、
「地獄へ落ちない」という偽が、
一つの文の中に含まれています。

次に私が冒頭に話した、
心屋仁之助の公開カウンセリングでのトートロジー、
というかこの様な界隈のトートロジーは、
全てこの様な構造を持っていると思います。

「過去の自分」→「今の自分」→「変化した自分」

ロジックやスキームはこうです。
自分がいる(お金に困っている)
変化した自分(お金に困っていない)
自分も変化した自分も自分である ↓

「自分または(自分ではない)」(トートロジー)

ここでいう(自分ではない)は、
変化した自分になります。

そして最終的に心屋仁之助はこう言います。

 

「何もしなくていい」

 

つまり、
「P「何かしても」または(P「何かしなくても」)」
「貴方」である。
「Pまたは(Pではない)」となり、
トートロジーとなるわけです。

ご覧の通りトートロジーは無意味であり、
ナンセンスで何も言えていない事に気づきます。
しかし人間はこの言語のレトリックを通して、
その発言した人間に、
「全知全能」を抱くわけです。

 

この様な状態は仏教的に、
空観、中観、仮観、
この中から読み取れます。

このトートロジーの状態は、
空観の状態を借用した状態であり、
人間にとっては「無意味」な状態です。

 

例えばある菩薩は悟りを得るために、
山奥の洞窟の中で何十年も座禅をし、
何百年も経ってから、
座禅をしたままの白骨化した遺体が、
洞窟の中で発見された、
その様な事があったわけですが、
これは人間として、
「有意味」でしょうか「無意味」でしょうか?
私は人間として「無意味」であると確信します。

人間らしさとは「有意味」にあるのではないでしょうか、
またその「有意味」だけに真理を求めるのも危険ですが、
それを仏教では仮観というわけですが、
「中観」すなわち、
「有意味」も「無意味」も並列的に思考する。

それが人間としての真理だと考えています。

つまり人間は思考をベースとした「論理」によって、
人間らしさを獲得しているのであって、
「論理」ではない「トートロジー」は、
人間にとって「無意味」なのです。

しかし人間は、
その「論理」ではない「トートロジー」という、
ある種言語的幻想によって、
それを発言した人間に「全知全能」を観るのです。

 

今回たまたま、
YouTubeで心屋仁之助の動画を観て、
典型的なトートロジーを話していたので、
人間はトートロジーに盲目だなぁ〜と、
改めて思った次第です。

 

一度このトートロジーについて、
皆さまも考えてみてはどうでしょうか。

 

 

 

美学者母

 

 

美学者母のスポンサー、サポーターになるにはこちら↓
クラウドファンディングでスポンサー、サポーターになろう↓